「肩が凝る」という言葉は、夏目漱石による造語であると云われてます。

スポンサーリンク
Pocket

肩こり(肩凝り)とは

「肩が凝る」という言葉は、夏目漱石による造語であるといわれています。 それ以前は、いわゆる肩こりについては特別にその症状を指す用語はありませんでした。

肩こりという言葉が生まれた事によって、多くの日本人が肩の筋肉が固くなる症状について自覚するようになったと言われています。

英語で肩こりは“Stiff shoulders(硬い肩)”または“Stiff neck(硬い首)”などと呼ぶそうです。

肩凝りとは症名のひとつです。

肩だけでなく、首も凝ることが多い。「肩が張る」とも言います。

項頸部から僧帽筋エリアの諸筋に生じる主観的に詰まったような、こわばった感じや不快感・こり感・重苦しさや痛みにいたる症状の総称です。
頸肩腕症候群の初期症状である事もある。

肩こりの原因は?

あなたを悩ませる、この肩こりの原因とは何なのでしょう。 同じ姿勢をとり続けるなどして頭や腕を支える僧帽筋やその周辺の筋肉(肩甲挙筋・上後鋸筋・菱形筋群・板状筋・脊柱起立筋)の持続的緊張によって筋肉が硬くなり、局所に循環障害が起こります。

それによって酸素や栄養分が末端まで届かず、疲労物質が蓄積しこれが刺激となって肩こりを起こすと考えられています。

つまり、肩こりの原因は筋肉が疲れて硬くなり、血の巡りが悪くなり、筋肉の内部にたまった老廃物(疲労物質)が原因なのです。

治療法について (対処療法)

薬物療法

消炎鎮痛剤(内服または外用)・筋弛緩剤・抗不安剤などが用いられる。

症状の強いときはトリガーポイント注射や神経ブロックも行われる。

理学療法

運動療法・マッサージ・温熱療法・水治療法・電気療法などが行われる。
肩凝りの遠因と予防法

肩こりの直接の原因やそれに対する対処療法ではなく肩こりを引き起こす元となる原因(遠因)を見つけて、それぞれの予防法を考えてみましょう。

姿勢の悪さ

日頃悪い姿勢をとっていると背骨の形が微妙にくずれてきてそれを支えるために筋肉に負担がかかってしまいます。

姿勢の悪い人は普段から首や肩の筋肉が緊張した状態にあり血管がうっ血を起こしているのです。
肩こりを予防するためには姿勢を正すことから始めます。

・肩凝りになりにくい姿勢は、背筋を真っすぐに伸ばして座るとよいそうです。同じ姿勢の連続などです。

・パソコン操作や書き物など、同じ姿勢で長時間作業を続けていると、首や肩の筋肉が緊張して、血液の循環が悪くなります。
・筋肉への酸素の供給が十分に行われなくなったり、筋肉に疲労物質がたまったりして、筋肉が突っ張ったような刺激が起きて、肩凝りといわれる症状が出ます。
・目の疲れ、眼精疲労からデスクワークや長時間のパソコンやゲーム、読書などからくる眼精疲労が原因とされる肩こりも多いです。

・眼鏡が合ってない(乱視や左右の視力に差が出来ているのに気がつかない)場合も目の疲れを加速させて、結果として肩こりの原因となっている場合もあります。

・予防するには長時間根を詰めてやらず1時間に10分とか適度に休みます。また眼鏡が原因の場合は眼科や眼鏡屋さんで調べてもらい合った眼鏡をつかうようにします。

・運動不足日頃体を動かさないでいると筋肉から柔軟性が失われて血行が悪くなってしまいます。

・運動不足は肩こりだけでなく万病のもとです。ストレスが自立神経の働きを不安定にするために起こることもあります。

・自立神経とは意志とは関係なく呼吸・心拍数等の自立機能を調節する機能ですが血液の循環もコントロールしています。

・この自立神経の働きが乱れると血液の流れは不安定になりひどいときはうっ血を起こして肩こりの原因になります。

ストレスはため込まないように息抜きをしましょう。

最後に、肩こりになったときの解消法

最後にお医者さんから聞いた肩こりになったときの解消法を紹介します。

肩凝りを感じたら

・筋肉を温め、さすったり、伸縮させたりするといいそうです。疲れはその日のうちに取るのが大切です。

・静かに首を前方にかがめて「いち、にぃ、さん」と三つ数える。次に天井を仰いで三つ数える。この動作を3-5回繰り返すと、血液の循環を良くなります。

・首や肩の筋肉が突っ張っている所を指で優しくもみほぐします。但し、筋肉は、強くつまんだり、たたいたりする刺激には弱いので禁物だそうです。

※昔から肩たたきとか肩揉みが親孝行の一つと思っていたのに・・・・

それが肩こり解消にはよくないなんて意外でした。

肩凝り解消法の一つに入浴もあります。

熱過ぎず、ぬる過ぎずの湯加減で、5~10分ほどゆっくり温まるのが効果的です。

時間があれば、半身浴を・・・・

38~39度の湯に、みぞおちくらいまで20~30分間漬かって、汗をびっしょりかくと、代謝が活発になって疲れが取れます。また、朝、熱めのシャワーを浴びるのも良いそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です