WordPress表示設定

スポンサーリンク
Pocket

 

表示設定では、具体的には、サイトのトップページに表示するコンテンツの内容を変更したり、RSSサービスに関する設定を行うことができます。

  • フロントページの表示の設定
  • RSS/Atom フィードに関する設定
  • 検索エンジンでの表示(インデックス)の設定

機能的に重要なものも含まれています。

表示設定画面へのアクセス方法

WordPress 管理画面の左メニューより「設定 → 表示設定」の順でクリックして、表示設定の画面にアクセスします。

3−1.フロントページの表示の設定

ここでは、サイトのフロントページ(トップページ)に表示するコンテンツを設定することができます。

デフォルトの状態(「最新の投稿」にチェックが入っている状態)では、サイトのトップページには最新の記事が複数表示されるようになっています。その下の「固定ページ」にチェックを入れると、トップページに表示する内容を、ある一つのページに固定することができます。

通常だと、普通のブログのようなデザインだが、フロントページ固定機能を使うとサイトのように見せることができます。この機能を使ってトップページをサイトのように見せることができますが、フロントページの自由度は使用しているテーマによって異なります。

最後に、1ページに表示する最大投稿数は自由ですが、表示する件数が多すぎるとサイトの読み込み速度が低下します、10前後がオススメです。

3−2.RSS/Atom フィードに関する設定

フィードは、ブログ記事を公開した時に自動的に登録者に通知してくれる機能のことです、これはWordPressに最初から備わってます。ここでは、それに関する設定をすることができます。

現在RSSリーダーを使用している人の大半が Feedly というサービスを利用しています。この、Feedly は、サイトの中の過去記事を全て取り込んで、自動的に抜粋で表示してくれます。

Feedly を知らなかったという方は、便利なサービスなので、この機会に使ってみてください。

3−3.検索エンジンでの表示(インデックス)の設定

サイトのインデックスに関する設定を行うことができます。

ここのチェックボックスにチェックをいれると、サイト全体に noindex が設定されます。WordPressでサイトを作っている途中で、まだ公にしたくないは、ここにチェックを入れておくことで検索エンジンに引っかからないようにすることができます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください