WordPressのテーマ選び

スポンサーリンク
Pocket

 

WordPressでは無料のテーマが沢山あります。始めから用意されているWordPress公式のテーマ、それから無料配布されているテーマ、有料のテーマなど、探せば沢山見つける事ができます。

テーマは時々更新されます

WordPress自体やプラグインは時々更新がされ、セキュリティー向上や不具合の修正が行われます。テーマにも更新があります。

それの何が問題かというと、更新されたテーマはどれだけカスタマイズしていても初期状態に戻ってしまうという事です。

テーマが更新で初期化されるのですが、ここで非常に便利な「子テーマ」というアイディアが出てきます。「子テーマ」というのはWordPressのカスタマイズで非常に大事です。

子テーマとは?

WordPressをカスタマイズする時にはこの「子テーマ」というのを作ります。子テーマというのはいわゆる分身です。

このテーマの分身を作る(子テーマ)ということです。親のテーマが更新で初期化されても「子テーマ」は更新の影響を受ける事はありません。子テーマを作ると子テーマの方の情報が優先的に表示されます。

WordPressのカスタマイズする時には先に「子テーマ(分身)」を作って子テーマの方をカスタマイズします。これで更新の影響は受けません。

主テーマのみで子テーマがない場合

「子テーマ(分身)」を作って変更を加えるのがカスタマイズするときの基本となります。子テーマを作ります。(例えばTwentySeventeenを使う場合)

子テーマは、少なくとも 1つのディレクトリ(子テーマディレクトリ)と、2つのファイル(style.css と functions.php) から構成されます。

基本の3ステップ

1、/インストールディレクトリ/wp-content/themesの中にディレクトリ「2017child」ホルダーを新規作成

2、style.cssの作成

3、functions.phpの作成

※お好みでscreenshot.pngを「TwentySeventeen」からコピーしてきます。

1.「2017child」ディレクトリを新規作成

サーバーのwp-content/themesの中にディレクトリ「2017child」ホルダーを新規作成します。(FTPを使用します)

2. style.cssを作成(2017childのフォルダ内に作る)

コピペして使う場合にはみなさんのAuthorとAuthor URLを記述してください。

/*
Theme Name: 2017child
Template: twentyseventeen
Theme URL: https://wordpress.org/themes/twentyseventeen/
Description: Twenty Seventeen の子テーマ
Author:wordpress(自分のサイト名)
Author URL: http://afuri8.hatenadiary.jp/ (自分のサイトアドレス)
*/

はい、これだけです。

3. functions.phpを作成(2017childのフォルダ内に作る)

テーマのCSSを読み込む記述を書いておきます。コピーペーストして下さい。

<?php
add_action( ‘wp_enqueue_scripts’, ‘theme_enqueue_styles’ );
function theme_enqueue_styles() {
wp_enqueue_style( ‘parent-style’, get_parent_theme_file_uri() . ‘/style.css’ );
}
?>

 以上の3ステップができたら「2017child」を有効化します。

これで、親テーマTwenty Seventeenを有効化したものと同じになっていますが、確認できない時は、子テーマを使ってカスタマイズをするのはやめ、再作成してください。

 

参考までに親テーマのはstyle.cssは・・・・

➀利用する親テーマ「TwentySeventeen」をインストールします。

②インストールできたら一度「有効化」します。

③有効化できたらWordPressの外観⇒「テーマの編集」と進みます。
テーマの編集をクリックすると「スタイルシート」が表示されます

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください