西の前頭7「山鹿温泉」

宇野七郎源親治公が発見した「山鹿温泉」

山鹿温泉

山鹿温泉は、平安時代に書かれた「和名抄」に温泉郷として1000年以上前にすでに記されています。1800年程前、傷ついた鹿が沼で傷を癒しているのを見て、宇野七郎源親治公(みなもと の ちかはる)が温泉を発見したと言われています。泉質は柔らかく湯量も豊富で、「山鹿千軒タライなし」と唄われるほどです。

泉質

単純温泉(弱アルカリ性)、アルカリ性単純温泉、単純温泉

効能

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進